FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

05

21

コメント

7日分の射精

いまさらのヘビロテ
Lady Gaga - Bad Romance
のOn The Rocksバージョン
こいつら知らないんだけど何者?





[広告] VPS


基本踊れるデブが好きなので何回も見ちゃう。


退院して一番にやりたかったこと。
ヒゲを剃ること。
というか逆だ。
入院中どうしてもためしてみたかったことが
「ヒゲを伸ばしてみる」ということだった。
無精ヒゲを伸ばしてみたかった。
昔からヒゲが薄くて、コンプレックスを感じていた。
もみ上げからあごにかけてはまるっきり生えない。
ラウンドとかクマさんファッションのヒゲにはできない。
で、入院中伸ばし放題にしてみてどうにかなるかなと
思ってたんだけど・・・。
1週間はやしつづけたけど、口の周りにだけ生えるドロボウひげでがっかりだった。

次にやりたかったこと。
マックフライポテトを食べること。
これは簡単だった。
ムシャムシャ。
・・・なんでこんなものが食いたかったんだろう??

んで3番目。
思いっきり射精をすること。
入院中ファッキン病院の奴らに禁欲を強いられていたので
(扁桃腺炎の治療にはきっと必要なことだったのだ)
退院したら思いっきりオナニーしようと心に決めていた。
本当は相手がいたほうがいいんだけど、
なぜかこういうときに限って誰も相手にしてくれない。
1週間もためればきっとものすごい快感がおとずれるはず。
木の根っこのように勃起は硬く、
顔も映らんばかりに亀頭は輝き、
冬眠前に胡桃を口いっぱいにほおばったリスのように金玉はふくれあがり、
潤滑油さえいらず、先走りはあとからあとからあふれ出て、
こすり
こすり
そうするうちに体全体に電流がはしり、
ケツの穴は固く閉じ、
これ以上ないというぐらいにチンコの先の鈴口が開き、
マヨネーズのチューブを踏みつけるがごとく
精子がそこからあふれでてくることだろう。


ってことで先ほど済ませたんだけど。

普通w

普通の量でしたねw
もっとすごいの想像したんだけど。残念。

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

05

20

コメント

甘えたことを少し言わせてくらはい

体が少し楽になったので
入院中の少し偏狭な感想を。

新しい会社に勤めて2ヶ月と少しだが
実は前のバイト先にそのまま就職したので
一応在籍2年以上にはなる。
今回入院して感じたのだが、本当に
俺のことどうでもいいと思ってるっていうか
頭数としか思ってないってことをヒシヒシと感じた。

確かに職場に穴をあけてるし、迷惑かけてることも
重々承知hしているのだけれど、
体が弱ってるときに

「大変ですね。はたして生きてもどってこれるんでしょうね?」とか

「よれ某さんがいなくても人出は足りてますのでそこはご安心を」とか

「16日の講習会はお金払ってますし、お金もったいないので、病院少しぬけれません?」とか

「で。結局のところいつから出社できます?」とか

そういうメッセージを携帯メールで受け取るたびにどっと疲れちゃうんです。

忙しいだろうし会社から誰一人お見舞いにこないとかはまぁいいんですけど。
(本当は少し残念だったけど)
なんかもうすこし親切心あってもいいんじゃないの?と
入院中ずっと思ってました。

「一週間ものんきに入院なんかして、いい気なもんよね。ふん」とか
思ってるんだろうけど。
思っててもそこは見えないようにしてほしかったなぁ。

俺が甘えてるんでしょうけど。

結局16日病院に無理いって外出許可とって講習会参加してきましたけど。
その日の夜また熱が上がってしまった。

冗談と馴れ合い、俺に対する気安さからのメッセージだとは思いたいけど、
多分人として大事にしてはくれてないなぁとすっごく感じました。

会社、考えようかなと思わされちゃいますね。

05

19

コメント

退院の報告

私事
5月14日より扁桃腺炎にて入院しておりましたが このほど無事退院することができました。
暖かいメッセージやメールありがとうございました。
どれほど励みになったかしれません。
今まではあまりにも健康管理をないがしろにし 過信にすぎたと三省の日々でございます。
これからは体をいたわり、日々を過ごしたいとかんがえております。

                                                よれよれの某 拝

05

18

コメント

待受地獄

ケータイの待受画面である。

基本ケータイをだれかに見られるかも、
という発想がないのだが、今日ファッキン看護士に気楽に

ベロン

ってな感じに開けられてしまった。

『今日何日でしたっけ?』
『何日だろ?ケータイ見たらすぐにわかるけど』
『じゃごめんなさいのね~ベロン』
あわわ。
勝手に見るか?
俺にケータイ渡して確認ってのが一般的だろ。

『ギャハハ(爆笑)これ誰?よれ某さん本人?』

デリカシーのないファッキン看護士め。見過ごせよ。

『いや、その、弟です』
『弟さんを待受画面にしてはるの?仲良いんやね』

いや、もう、すでにこの30過ぎの、
丸顔ファッキン看護士にホモやとばれたと思う。

死にたい。

俺のケータイ待受画面は、
最近お気に入りのセクフレ21歳の
オラフ君の半身画像である。
寝転がりながら、笑顔で俺を見つめてくれている。
アデュー。
射精の後なので若干恥ずかしそう。
だが、それはこの写真を撮った俺の記憶だ。

風の噂ではオラフ君には素敵な彼氏が出来たそうで、
もうきっと俺なんか相手にしてくれないんだ。と嘆息。
いやいや金握らせれば会ってくれるんじゃねぇか?と未練。
せめてかわいい御尊顔だけでも、
彼氏でもないのに待受画面している、
男ド阿呆 なのである。

なんか、腹立たしい気持ちになり、
このファッキン看護士にも少しヘコんで欲しくなり、

『ええ、弟なんです。去年亡くなりました。』
『え!あ、そうなんや、ごめんなさい。』

くだらん嘘をつく。
また死にたくなる。

看護士さんごめんなさい。嘘です。ただの助平な阿呆なんです。

05

17

コメント

とは言え、根が滅法流され易いよれ某であったのだが


友人サクラバ氏に薦められ、
西村賢太の苦役列車を、
先程ようよう読了したのだが、
何やらもやもやとした後味に、頭を抱える羽目になった。

『最早誰も相手にせず、また誰からも相手にされず、
(中略)確たる将来の目標もない、
相も変わらずの人足であった』

俺のことじゃないすか?(笑)
病院で枕抱えて身もだえしちゃいましたよ。

著者が大柄な無頼漢だとか、
小説冒頭の 『パンパンに朝勃ちした
硬い竿に無理矢理角度をつけ、
腰を引いて大量の尿を(以下略)』
なんて部分に釣られて、どれどれと読んだ自分の下卑さは
さておいて、
入院中にこんな暗い話薦めるのもどうなんだって話だよ。
蟹工船とか、
メタボラとか、
こういうの身に染み過ぎるから、
止めてくらはい。
まあ面白かったけど。

ただ気になるんだけど
『根が人一倍心配性に出来ている貫太は』とか
『根があくまでも歪み根性に出来ている貫太は』とか
『根が案外の寂しがりに出来ている貫太は』とか
この表現がやたらと多用されている。
それほど美しい日本語の使い方では、
ないと思えるんだけど、どんな効果を狙ってるんだろう。

05

16

コメント

さすがです。


わざわざお見舞いに来てくださったかたがた。
ありがとうございました。


お見舞い品にちゃんと『本』を持って来てくださり、嬉しい限りです。

俺のことわかってるなぁと、勝手にエラソーに喜んでます。

ですが、もう半分ぐらい読んじゃった(笑)

病院の地下に図書館があるらしいので、
明日元気があったら、覗いてみようかな。

ユメをかなえるゾウ
とか、
世界の中心で…とか、
そんなブックオフ100円均一チックな
ラインナップだったら、どしよ(笑)

05

15

コメント

俺の左腕には

左腕に入院時からずっと、(30数時間) 針が刺さったままで、少しうざったい。

点滴をずっとしたままなんですよね。

水分と栄養が足りてないから、その点滴と、様々な抗生物質かな。
あまりわかってないんだけど。

ベッドで寝てる時には、まあいいんだけど、
トイレとか診察に行くときは、この点滴袋を
キャスター付きの吊り下げラックにぶら下げて歩き回らなきゃいけない。
これが、また、何と言うか、いかにも『病人してますねん。』
という姿で、少々気恥ずかしい。


と言う話を朝の診察時に担当医に話したら、
眼鏡を一回コツと叩いた後に、俺を見つめ、
『あのね、よれ某さん。あなたね。
ちょっと甘く見てますけど、
これ大変な病気なんですよ。
………となると、ほぼ死に至ります。
それぐらい予断を許さない状況なんです。』
説教されてしまいました。
って言うか実際少しナメてた。

そんなに恐いんだ。

05

15

コメント

今日の朝ごはん


これを平らげるにも、一苦労なのです。

重湯に具のないみそ汁、牛乳。
いわゆる『流動食』ですね。

入院2日目で体調は少しマシになってきました。

だって、昨日までなんにも食べられなかっんですから。
水さえ飲めなかった。
入院時、完全に脱水症状も起こしていたようです。

それが流動食とはいえ、飯が食えるってことが素直に嬉しい。
がっつりしたものがなんか食いたいなあ。
何故か今一番食いたいのはマックフライポテト。なんでだ?

05

14

コメント

見知らぬ天井


緊急入院なう。

体調おかしいときは、
無理しても大きな病院に行ったほうがいいですね。

最初に行った個人病院の誤診のせいで、結局入院するはめに。

友人や会社のみんなに
とってもとってもしんどいって言ってみても、
あまり相手にされず、
結局のたうちまわる俺を助けにきてくれたのは、
腐れ縁のシシマルでした。

忸怩たるもんがあるが、素直に感謝する。ありがとう。

05

11

コメント

歩くような速さで

シシマルに新しい男ができた話は前の日記でちらっと触れた。
ええとわかりやすくいうと
俺→どっかのデブ→学生さん(最新)という流れですね。
どっかのデブさんに飽き始めた頃に、俺にちょっかいをかけてきて、
その上でいい男を捜していたわけで、
みつかるやいなや、どっかのデブさんをばっさりと切って、
学生さんに乗り換えたわけですね。
いやはやすごいなぁと感心するわけです。
いやはやすごいなぁ。
シシマルにしても、ハチミツにしても、オラフ君(おぼえてないかw)にしても、
出会う男たちのみごとな変わり身の速さにいつも唖然とするわけです。

なんだかみんなに置いてかれてしまったんだなぁとここ最近よく考えます。

俺がみんなの期待に応えられなかったのが一番の原因ですが。
とにかく、なにもいいとこない男だもんなぁ。

出会いもとくになく、誘いもなく、ただなんとなくぼんやりと家路につくと
、部屋に入るなり漠然とした不安にさいなまれます。
「俺は芥川かよ!」と小声で突っ込んでみたりしますが、
誰もいない部屋ではもちろん誰も笑ってはくれません。
そもそも面白くない。

昨日メガネを盗まれた日記を書きましたが、なんだかその事件自体が
すでになにかの象徴のような、兆しのような気がして、
今日一日耐え難い苦痛をもたらしているわけです。

推理とかいってくだらないことを書いていますが、
メガネを盗んだ本当の動機はわかるような気がします。
きっとただの「悪意」なんだと思います。
なぜその悪意を俺に向けたのか、あるいは誰でもよかったのかは
わからないのですが、その悪意をはっきりと感じることはできるのです。
メガネが欲しかったわけではない。
「メガネを失って困るであろう」ということ自体が目的だったんだろうなと思うのです。
困るさまを見て、あるいは想像することが、愉快だったのだろう。
そして、その行為はちゃんと成功しています。
そのダメージはかなりのものです。

そんな悪運をひいてしまった自分が腑に落ちるのです。
もうこの先、俺はこういう星回りを生きていくんだろうなと。
もういいことは全部終わっちゃったんだなぁと。
使い果たしちゃったんだなぁと。

多分、もうこの先「勝つ」ということはないような気がします。
ゆっくりと負けていくんだろうなぁと。
ゆっくりと老いていき、ゆっくりと負け続けていくんだろうなぁと。

少し話がずれてきたので戻すけど、
そうやってシシマルは学生との恋におぼれていき、
上手くいかない頃は寂しいからと電話をかけてきたり、
仕事場までおしかけてきたりして、
上手くいき始めると連絡をピタッと絶ち、
俺との大事な約束をいとも簡単に反故にして、
わるびれもせず嘘をついたりして、
シレっとメールを返してきたりするのです。

人はこんなに変われるんだとまたまた驚くのです。

シシマルさんはある意味俺の教科書です。
俺には想像もつかないようなことを本当にシレっとしてしまうのです。
すごいなぁ。

でも。
違うのです、
シシマルさんも誰にでもそういうことをしてしまうわけじゃないと思うのです。
「俺」にはそういうことをしてもいいと、どっかで軽く見積もっているんだと思うのです。
そういうスケールをみんなもっているのでしょう。
多分俺ももっているのです。
俺も計って、区分わけしてたりするのかもしれません。

ただ自分がそんなふうに軽く扱われることに、いまだに慣れていないのでしょう。
自分の存在の軽さに、きっと俺自身が慣れていないのです。

「俺は誰にとってもどうでもいい人」に慣れないといけない時期なのだと思うのです。

限りなく負け続けるけど、誰も何も思ってはくれないけど、それでも。
それでも、続けようと思うのです。

僕は、今、孤独、なの、です。

05

10

コメント

めがねを盗まれる

今日公衆浴場で眼鏡を盗まれた。
鍵のかからない脱衣籠にいれっぱだった
ことがそもそもうかつだったのだが。
それはいい。
(よくはないけど)
どうしてもどうしても理解できないのだ。

他人のメガネを盗んでいったい何になるのだろう?

盗む理由が心底わからない。
動機が想像つかない。
俺のメガネをとって何に使うのだ?
乱視用メガネだから左右の度数がかなり違う。
一般の人にはまるで役に立たない代物だ。
フレームもそんな上等ではない。
(あ、クリスマスのプレゼントだった。シシマルすまん)
モトイ。フレームは結構いいやつだw
だがブランド品的な価値はないと思う。
もっといっちゃえば、俺が今朝寝ぼけて踏んづけたせいで斜めにまがってしまっている。

今日一緒に遊んだハチミツも「メガネ変だよ。ゆがんでる」
と開口一番に言ったぐらいだ。

そんなへなちょこメガネを盗んだ理由がどうしてもどうしてもわからないのだ。

嫌がらせなのか?
でも嫌がらせされるほどそこの客にシガラミなんかないんだけどな。

実はメガネだけではなく「マルボーロアイスブラスト440円」も一緒に盗まれた。
タバコはまぁわからんでもない。
貧乏人の愛煙家なら魔がさすこともあるのかもしれない。
で、一緒にメガネも盗む・・・・・か?
タバコだけでいいじゃんw
メガネなんか邪魔でしょw
それに俺のメガネ特殊だからツバが折りたためないんだよ。
盗み取るとき隠すのたいへんだったでしょうがw

推理したいと思う。
風呂場で他人のメガネを盗みたくなる動機というものを。

木下卓美(48歳)はあせっていた。
今日この時間、卓美ははここにいてはいけないのだ。
脱衣所で聞き覚えのある声がしたときよもやと思ったのだが、
振り返ると舅の善三(72歳)が番台のオヤジと談笑している
姿が目にはいった。
まさかと思った。
この銭湯に善三と鉢合わせるなんて思いもしなかった。
近所の銭湯で出会うならば声をかけることもできる。
平日の夕方であるならば当然会社にいなくてはならない卓美ではあったが、
それも営業職の立場から得意先回りで直帰し、汗をかいたから
目に付いた銭湯にたちよったとかなんとか話をつくることはできる。
しかし、今の卓美の体を善三にみられるわけにはいかなかった。
この銭湯は知る人ぞ知る、男同士の交流が激しくおこなわれるいわゆる発展場
として有名な場所である。
先ほどまでの快楽を貪りあった名残が体にしみついている。
匂いや体液なら洗い流せば済むのだが、すぐには消えない行為の名残が
卓美の体に残っていることを、脱衣所の鏡に映った姿が見て取れる。
善三に見られるわけにはいかない。この体中に赤く残った縄の後、
首筋や太ももに残ったキスマーク。
入院中の妻との行為とはきっと思ってもらえないだろう。
当然だ。
善三はここがそういう場所だと知っているのか?
お仲間なのか?
だとしても、自分がここにいることを知られるわけにはいかなかった。
すぐに逃げ出たいのだが、気づかれずに番台で話こんでいる善三の横を通りすぎる
危険はおかせない。
もう一度湯船にもどることも考えたが、先ほどの破廉恥な行為を大瀬に見られ
気恥ずかしさが残る。
行為の前の興奮が冷めている、射精したあとはいつもすぐにその場を立ち去りたくなる性分だ。
しかし、善三が自分を見つけるのは時間の問題だ。
考えろ。うまく逃げ切れ。
ふと、脱衣籠の上にあるメガネに目がとまった。
普段メガネをかけない卓美だ。これで顔を隠せやしないか?
先ほど俺が浴場からでた時に、入った二人組みのものだったはずだ。
すぐにはもどってはこないだろう。
躊躇する自分は驚くほどいなかった。手に取りかけてみる。
他の客の目はなさそうだ。フレームが少しゆがんでいるのがきにかかるが、
度がそれほどきつくないのが救いだ。まわりが見えなくなるほどじゃない。
ついている。
善三の声がする。
「ほな、しゃぁないから風呂でもはいろかい。風呂屋やからあたりまえかw」
卓美はとっさにメガネのそばにあったタバコにも手をのばす。
灰皿のそばのベンチに陣取り、なれない手つきでタバコに火をつける。
常日頃から嫌煙家の善三のことだ。絶対に灰皿近くにはよってこない。
服に煙がかかっただけで、臭いがつくだのとうるさく言うのだ。
案の定、善三は灰皿から遠い場所で脱衣をはじめた。
卓美はきづいていない。
うまくいった。
卓美は自分の機転に満足した。
同時に先ほどの快感の余韻を思い出したのだが、
しばらくはここにもこれないのかと残念に思うのだった。


ってことなのか!!!
勝手だぞ卓美!!
それは俺のメガネだ。俺のタバコだ。
明日から仕事どうすんだよ・・・><

05

06

コメント

『名前をつけて画像を保存』

まずは一枚目。
そこらじゅうで見かけるかわいい男の子画像だから
さして珍しくはないはず。
僕の画像フォルダに眠っていたもの。

サンプル4
この子にだったら何されてもいい。
いやされなくても見てるだけで幸せだと思う。
もし本人さんが見てたら結婚前提でおつきあいしてください。

次に2枚目
サンプル1

これは最近かな。
日本人なのか外人さんなのかよくわからない。
まぁぱっと見普通の画像。

次に3枚目。
サンプル2
かわいい熊ドクターさん。
犬もかわいいけど、診察室にいれてもいいのか?
獣医さんなのかな。

画像並べて目的は何?っておもうだろうが、しばし待て。

次に4枚目。
サンプル3
このユニフォームはエロい。
こういうのプレイアイテムとして買おうかなw
でも。股間がこんなふううにならないもんなぁ。
なんたって僕のはチンコ未満のフィンフォコだもんな。

ラスト5枚目。
サンプル5
そんなにタイプじゃないけど僕の画像フォルダにちゃんと保存されています。

さて問題。
僕のPCに保存されているエロ画像にはいくつか
フォルダに分類されています。
この5枚の画像フォルダは一体何のくくりに含まれている画像たちでしょうか?







はい正解!
『靴下画像』でしたw

靴下フェチの目は
フェチ1
フェチ2
を見ています。
 
素足よりも靴下を履いてる姿にエロを感じるのですよ。
なんでこんなベクトルに性欲が刺激されるんでしょうかね。
自分でもわからん。

そろそろ暑くなってきたので、今日も短パン姿のオヤジさんを数人みかけた。
できれば、素足よりも靴下をはいてサンダルはいてくれると嬉しいなぁ。
ま、僕の希望なんて世間はしったこっちゃないだろうけど。








プロフィール

(yore)2BOW

Author:(yore)2BOW
桜田淳子「20歳になれば」の替え歌で

まってください 44歳になるまで
まだ言わないで さよならだけは
まってください 読者の興味
はなれたことは わかってるけど

更新するわ なるべくするわ
43歳のうちに 43歳のうちに

44歳になれば 体重減らす
ユニクロで服が買えるぐらいに
44歳になれば 彼氏をつくる
無理じゃないよね?多分多分w

ラララララララ・・・

FC2カウンター

ブログ内検索

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。