FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04

30

コメント

ゴールデンウィークって食えるの

昨日ミサイルマン西代くんピンのイベント「ミサイルマン西代の茶話会」
に行って来ました。
この芸人さんは関西以外ではまだあまり知られてないかもしれませんが、
こっちの地域のデブ専界ではちょっとしたアイドルでし。多分。
こっちの世界(リアルゲイ世界)とのつながりがとんとご無沙汰なので想像なんですが。

ところが観客は予想に反して90%女性でした。
デブ専仲間さん多数登場だと期待してたのに。
一緒にいったツレ(いつものハチミツっす)は完全防御のコテコテいかにも系
のぞんでいったのにw

まぁ会場も小規模だったし、宣伝もあまりしてなかったから、知らない人が多かったんだろうな。

あ、場所だ!
思い出した。場所だよ。
実はこのライブ会場を探すのにとっても苦労しました。
チケットには「日本橋・ジャングル」と明記されていて大阪日本橋にいけば
そういうライブ会場があるんだろう。わからなければ訊きゃいいや、ぐらいの
軽い気持ちでいったんだけど。
ふたりとも皆目わからない。
基本ツレ(しつこいけどハチミツ先生)は基本場所は俺任せなとこがあるから
もちろん調べてきてない。
ライブハウス的な想像でいったんだが誰もしらない。
検索マップにもでてこない。
ツレのスマホで検索するもジャングルでひっかかった場所までいってみると
映画のパンフレットなどのお店。一応イベントやっていたけど何かの演劇だった。
「日本橋ジャングルってここじゃないんですかね?」とお店の人に尋ねると、
「その名前なら多分ここしかないと思うんですが、今日のイベントがお芝居ですからねぇ。
ミサイルマン西代?何系のイベントっすか?」
「デブ専のあつまりです」(うそ。そんなこと言ってませんw)
「ごめんなさい。わからないなぁ」

途方にくれる二人。入場時間が刻々とせまる。
試しに西代君のブログを検索すると「今回場所わかりにくいんで地図のっけときますね」とあった。
丁度今駅から必死に歩いてきた距離をもとにもどるぐらいの場所だ。
げ!間に合わない。

「タクシ~~~~」
「はいどちらまで。」
「ずんません。わしら田舎もんで大阪がぜんぜんわからないばってん。
この地図の場所までいってほしいとがです」(こういうこと言ったのは本当w)
「ええと。すぐですけど。ワンメーター以下ですがいいですか」
「よかよか。いそいどるきに、いってつかぁさい」

本当にすぐでしたw

でも見つからない。グーグルマップに記載されてる場所までついても
ジャングルというライブ会場がみつからない。看板もなにもでてない。

ん?まてよ?もしかしてあそこのことか?
古い記憶がよみがえる。ヲタだったころよくおもちゃをみにきてた
ショップの名前が確かジャングルだ。
SH3G0318.jpg

こんなとこでやるか?看板もでてないし。
ツレと二人でグダグダ迷っていると。

西代君本人がとおりの向こうから一人で歩いてきた。
げ、芸人さんひとりで歩いてくるんだw
なんとなく話しかけたくて「会場がわからないですよ」と言うと
「僕もよくわからないんすよw」と返してくれた。

きゃ会話した:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

迷った挙句、西代君と道で会うことが出来たってことでなんだか結果オーライ。
ってかラッキーでした。

イベント内容はとっても楽しかった。
場所を探した話を延々して、内容は語らない変なブログw

ただひとつ。
「歯ブラシをケツにさした話」だけでご飯3杯いけるぐらい興奮しましたw

西代くんと
最後に記念写真とってもらった。
疲れてるのに恐縮でした。

2ヶ月に1回ぐらいやるということなのでこれから楽しみが増えました。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

04

03

コメント

瓦礫の42歳。

すっごい天気でしたね。
気象庁が特別会見やるだけのことはありましたね。
雹は降るし、風は強いし、大変でした。
うちの会社の看板がとびましたもんw

みなさん大丈夫でしたか?

ところで。
んでもって彼氏はそれ以来いないんだけど
体のお相手要員通称セフレは数人できた。
できたところでなんになるのだろうかとむなしさも覚える。
こんなんでいいのかなぁとか思わなくもないんだけど。
でも。気楽。
なんとなく誰ともがっつり付合いたいと、どうしてもどうしても思えない。
男欲しいなぁと思う日もあるけど、どうせどうせと思ってしまう。
どうせ最後には裏切られるのだ。
やっとゲイの付合い方がわかってきた。
少し遅い気もするけど。

出会ったとしてもここ最近は好意をもたれると逃げ腰になる。
こちらが好意を持ち始めると自分でブレーキをかけるようになる。

愛してないセフレには「愛してる」と軽く言えるようになった。
向こうもピロートークだと流してくれてるのがわかる。
そんなんでいい。
重いのはもういいのだ。
幾分現実逃避っぽいけど。

最近は21歳の男の子が一番のお気に入りだ。
ぽっちゃりした丸顔の彼は本当に俺の好みど真ん中。
しかし21歳って、息子ぐらいの歳なんだよなぁ。
一月に一回ぐらい会って食事して、ホテル行って、ベッドにはいるだけの関係。
まるで「もうひとつの土曜日」みたいだ。

彼は俺を愛していない。それは知ってる。そこがいい。
「よれ某さんとのエッチが一番好き。ずっと会いたかった」
俺もそう。彼の全部を好きだとはいえない。
いや好きなのかもしれないが、深みにははまらないようにしてるのかもしれない。
「俺も会いたかった。君が一番好きだよ。おっぱいもかわいいし。」
「僕のここ好き?」と仰向けになって足をひろげ穴を俺にむける。
「お前の淫乱なおまんこ大好きだよ。」
「俺のここ、おまんこにしてぐじゅぐじゅにして」
そんなことを言ったりして体をかわす。
若い体に溺れていく。

今のよれ某の休みの日はそんな感じ。

04

03

コメント

わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾く間もなし

ブルーレイハードディスクレコーダー(名前長いなw)を年末に購入してから
アニメ熱が再燃している。

4月からまた新番組がはじまるので今から楽しみだ。
アクセル・ワールド
どんな内容かは知らないが主人公が往年の「マコちゃんイジメタ~~」の
アイツに似ているので録画保存決定。



懐かしい~~。
スキトキメキトキス♪
幼年のころのオナペットだったもんな。

あと気になってるのは、ここ最近新刊がでたら
著者名だけで単行本で買っちゃうぐらい
お気に入りの作家さんのアニメ化作品。
氷菓
ライトノベル的な扱いだったのかな。アニメ化されるとは思わなかった。
一応推理小説です。
前回のブログの一部は実はここのある部分をそのまま引用しています。
アニメでその台詞でるかどうかは知らないけど。

ここ最近のお気に入りは「ちはやふる」だ。
競技カルタを題材にした青春モノなんだけど毎回泣かせるんだよ。
俺も老いてきたから、もう手に入らない青春への憧憬からくる涙腺のもろさなんかな。
毎週見ては号泣してる。
にくまん君もかわいい。
足フェチの俺にとっては、にくまん君の正座の後姿に見える靴下の映像だけで抜ける。
まぁ、フェチは関係なくとも、いい作品なんで機会があれば見てください。

百人一首って懐かしいな。
中学時代いくつか暗記したの覚えてる。
お気に入りだったのは二条院讃岐が詠んだ恋の歌。

「わが袖は潮干に見えぬ沖の石の 人こそ知らね乾く間もなし」
俺が恋焦がれて泣いてることなんて、きっと君は知らないんだろうね。
なんて思いながら共感したのを覚えてる。
確か相手はクラスで後ろの席のヒデキ君だったかな?
プリントを後ろに回すときに、振り返ってヒデキ君のぽちゃっとした
手に触れるだけで顔が赤らんだもんだ。
机にうつぶせになって少し後ろを覗き込むと、ヒデキ君の
アディダスのバッソク(当時バスケットソックスが流行ってた)の白さに
クラクラしたもんだ。
ふうう。懐かしい。

そういえば本当にここ最近恋してないなぁ。
セフレばかりが増えていく汚れた「瓦礫の40代」だもんな。

プロフィール

(yore)2BOW

Author:(yore)2BOW
桜田淳子「20歳になれば」の替え歌で

まってください 44歳になるまで
まだ言わないで さよならだけは
まってください 読者の興味
はなれたことは わかってるけど

更新するわ なるべくするわ
43歳のうちに 43歳のうちに

44歳になれば 体重減らす
ユニクロで服が買えるぐらいに
44歳になれば 彼氏をつくる
無理じゃないよね?多分多分w

ラララララララ・・・

FC2カウンター

ブログ内検索

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。