FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

31

コメント

本年もお世話になりました。

後半日記の更新がなかなかできなくて
グダグダだったね。
すみません。
本当に本当に忙しいのです ><

来年こそはもう少し更新頻度をあげていきたいと
思います。
ってか、あまり反応もない「ひっそり」とした
辺境ブログになってきてるのでそんなに
きばらなくてもいいかなとも思うのですがw

振り返ってみれば本当にいろんなことがありました。
ここ数年では一番激しい一年だった。
仕事が変わった。
近しい人が数人逝ってしまった。
一番信頼してる人を失ってしまった。
体重も100キロ超からだいぶ落とすことに成功した。
とっても素敵な友達に出会うことが出来た。
そしてなによりメチャクチャかわいくて糞生意気なハチミツと出会えた。
・・・セックスの回数も今まで生きてきた中で一番多かったw


二人

人生語るなんて5億年先でいいらしいけど、
俺の人生本当にいろんなこと振ってきたり、
沸いてきたりして全然飽きない。
もう一回この人生リプレイするか?と問われたら
少し考えちゃうけどねw
何にもいいことこの先おこらないとか思ったりしたけど
そんなことなかった。

なんとかしようと思えば、それなりになんとかなる。
世の中ならないことのほうが多いのはわかるけど、
それでも動いて足掻いてなんとかするんだよ。

40面下げてたいした持論ももってないけど、実感としてそう思うよ。

ほいじゃみなさん、よいお年を。

#俺は今日の朝から徹夜で仕事です~~~~。
紅白もガキも見れないw
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

12

25

コメント

舞い込んできた手紙

ある日、アパートの郵便受に俺の名前だけが書かれた
白い封筒が投函されていた。

「 某(もちろん本名 ただし下の名前のみ) 様 」

裏を見ると「吉沢」とだけ書かれている。
表裏どちらにも郵便番号はおろか、住所も書かれていない。
切手も貼られていない。
つまりこの封筒は差出人の手で俺の郵便受けに
入れられたものであることがわかる。
吉沢?
全くおぼえがない。
知り合いの名前を片っ端からあげてみる。
該当者なし。
いたずらか?
でも、なぜに下の名前だけで出してきたのか?

玄関にたどり着くまで待ちきれず、
階段の踊り場で立ち止まり、指で封を開ける。

『突然のお便り失礼いたします。
私は吉沢正一郎の長女の春子と申します。
この度父が亡くなりました。
わずかではありますが、遺産を私と妹と某さんの
3人で分けたいと思います。
連絡をいただければ幸いです。

090-××××-××××
          吉沢 春子
平成21年12月20日』


疑問符だらけである。
吉沢春子?
吉沢正一郎?

手の込んだいたずらか?
新手の詐欺なのか?そういぶかしんでみた。
便箋に直筆で書かれた文字は丁寧な女文字だった。

はたと思い出した。
これは実父の名前ではなかったか?
家に入るや否や押入れをあさってみる。
母が残してくれた俺のアルバム一式が入った菓子箱を
だしてきて広げてみる。
その中に俺の戸籍謄本があったはずだ。

父 吉沢正一郎

そう記されていた。

昭和四十四年○月拾弐日○○市○○町○○番地吉沢正一郎認知届出

俺に姉がいたのか。
父が亡くなったのか。

悲しみも感慨も沸いてこなかった。
が、好奇心が勝った。
父とは姉とはどんな人なんだろうか?
電話をかけてみることにした。

「もしもし、夜分すみません。よれよれの某と申しますが、春子様の携帯でしょうか?」
「え、某君?うわぁ久しぶりやわ。電話ありがとうね」
思ったよりも(かなり)気さくな人だった。
「あ、はい。お久しぶり・・・なんですか?w」
「あ。某君は覚えてないんかwあのねお父さん亡くなったんよ」
「はぁ。父が」
「あれ?お父さん覚えてない?あれ?私先走ってる?」
「いや、あの。すみません。なんか突然で状況把握できてないんですが」
「あ、私姉なんよ。某君のおねぇさん。10歳離れてるけど。昔一緒に住んでたことあるんよ」
「あ、そうなんですか。」
「あぁ、よかった。連絡ないから恨んでるんかなって心配してたんよ」
「恨むってw」
「あれ、私今テンション高い?」
「いや、それはいいんですけど。どうやってこの住所調べたんですか?」
「あ、そっか。そっから説明せんといかんね。で、一度会いません?家近所なんよ」
彼女が(おねぇさんがw)告げた住所は本当に近所だった。
「でも、不思議やわ。そのマンションね、うちの父、あ某君のお父さんでもあるんやけど
が昔住んでたマンションなんやわ。なんか縁あるんやなって妹と話してたんやわ」
「あ、そうなんですか。で、なぜこのマンションがわかったのか不思議なんですが」
「戸籍を追って、住所を役所で探っていったの。ごめんね。裁判所がそうしなさいって言うから」
「え。それってものすごく大変なんじゃ」
「うんw結構大変やった。住所変更したとこ全部たどっていったから。
私、某君が今まで住んでた住所全部把握してるんよ。ごめんねびっくりしたでしょw」
「それは、何と言っていいか。ご苦労様っていうか、ありがとうって言うか」
「ああ、でも連絡取れてほっとしたわ。」
「父・・・正一郎さんはいつ亡くなったんですか?」
「11月。連絡できなくてごめんね」
「そうなんですか。知らなかったとはいえすみません。
あのぉご迷惑でなければ線香だけでもあげに行きたいのですが」
「あ、来て。家近くだからってのは・・・さっき言ったよね。母もいるけどいいよね。」
「はい。それじゃ今度お邪魔します」
「は~い。待ってます」

それにしても明るい人だった。
これが俺の姉なのか。
なんか俺と似てるw
しかし、電話を切った後で激しく後悔してしまった。
聞き逃していたが、母もいる?
よく考えたら、俺の母とは本妻と浮気相手という間柄じゃないのか?
しまった。修羅場になるんじゃないのか?
俺がのこのこ出て行っていいのか?

それが一週間前の出来事。

12

24

コメント

クリスマスまでの出来事。

ごぶさたしてます。
よれ某です。
なんとか毎日がんばって日々暮らしております。


眠い。
とにかく毎日眠いのです。
ふわぁ。
先月末から今月にかけて劇的に生活が変化
いたしまして、おかげさまで毎日忙しくしております。
おかげで平均睡眠時間4時間以下になっとりますがw
ま、まだ若い(ってこともないか)のでなんとかなるか。
長い長い人生の中でこういう日々があってもいいか。
「ひまだぁ。なんか面白いことないっすか?」と
ぼやきながら生きてるよりはずっといいかもと
自分をなぐさめながら生活しとりますよ。

ハチミツとはあいかわらずです。
とりあえずなかよくしてます。
なかなか会えんけど。

シシマルともあいかわらずです。
あいかわらず仲良く喧嘩してます。トムとジェリーっすね。
なかなか会えんけど。

このブログとmixiとモンハンのおかげで知り合った
友人たちとも仲良くしてもらっています。
USJに一緒に行きました。ダブルデートw(その話はまた後日)
カラオケにも一緒に行きました(その話も後日)

ドラマチック体質も抜けきらず思わぬ手紙が舞い込んできて
驚きの事実が判明したりして、我ながら自分の人生飽きません。
神様もいたずらがお好きなようでw

てことで本日クリスマスイブ。
今日の予定。
当直明けで今から健康診断に行って、区役所に行って、別の仕事に行って
シシマルの家に届け物をして、その足でハチミツを駅まで迎えに行って・・・。
また今日も睡眠不足のまま一日が過ぎていきそうです。


ってことでブログ復活1日目を駆け足で。
そろそろ出かける時間です。

さて、風呂入って気合入れてがんばりましょうか。

あ、とりあえず幸せだと思います。
あいかわらず貧乏だけどw

プロフィール

(yore)2BOW

Author:(yore)2BOW
桜田淳子「20歳になれば」の替え歌で

まってください 44歳になるまで
まだ言わないで さよならだけは
まってください 読者の興味
はなれたことは わかってるけど

更新するわ なるべくするわ
43歳のうちに 43歳のうちに

44歳になれば 体重減らす
ユニクロで服が買えるぐらいに
44歳になれば 彼氏をつくる
無理じゃないよね?多分多分w

ラララララララ・・・

FC2カウンター

ブログ内検索

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。