FC2ブログ

--

--

コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

31

コメント

ごほんごほん

ごほんごほん。
ごほごほ、ごほんごほん。
ごほん!
ごほんごほん?

ごほごほん(笑)

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

01

30

コメント

モーツアルトのCDはピンク色。

ピンクのモーツアルトってタイトルがクラシック業界に
与えた影響って凄いんだなって思った。
http://img.7andy.jp/bks/images/i5/C1025825.jpg
モーツアルトのCDジャケットはちゃんとピンクなのだ。
もちろん松田聖子の代表曲。
PCでこのブログを見てる人は右の方に俺が今月読んだ
本のリストが見えてると思うのだけれど「松田聖子と中森明菜」
という新書を最近読んだ。
もう、80年代をアイドルともに過ごした人、
毎週ザ・ベストテンを見たいた人にお勧めの一冊だ。
どちらかというと松田聖子に比重が置かれているきらいはある。
それでもアイドル文化論としてはかなり面白い部類に入る。
松本隆の作詞についての言及のくだりなど、唸ること必至。
で、読んでいると色んな歌手の名前や曲目が出てくるのだが、
タイトルを見ただけで頭の中にメロディーが浮かんでくる。
80年代追体験がまっこと楽しい。

松田聖子、中森明菜のファンに限らず読んで欲しい一冊。

******************************************

昨日から咽喉が痛い。
ツバを飲みこむだけでも苦痛だ。
どうやら風邪を引いたらしい。
そういえば若干熱もあるような。

あなたの風邪は何処から?
私の風邪はウンコからw
あなたのウンコに狙いを決めて便座ブロック。

ってギャグを考えていたけど、下品だし全然面白くない
ので練り直していたのだが、今月号のある雑誌の漫画で
既に使われてしまっていた。くやしいw

01

29

コメント

言葉に出来ること。言葉にならない思い。

先日のエントリーのヒロ4さんの
コメントについて思うところがあって今日は書く。

あまりオツムのめぐりが良くないので、わりと後になって、
「ああは書いたけど、本当のところは違うんじゃないの?」
っていう風に考え込むことがよくある。
お許し願いたい。

勝手に引用する。ごめん。

何て言ったら良いのか、良い言葉が見つからないのですが、
某さんは過去が楽しかったんでしょうか?
ザーっと読んでたら辛そうな内容だけど、読めば読むほど、辛そうに感じない。
誰かに言いたくて、伝えたくて堪らない「何か」があるんだろうな、とは感じたけど。
それとも何か我慢してるんだろうか。


言いたいことを直接書くときもあれば、言いたいことを文章の中に隠す場合もある。
特に自分の心情を吐露する場合100%本当の気持ちなんか書けない。
俺の場合は。

それでは、なんでこのブログにそんな自分の過去を書きたがるのか?
言葉にすることで一般化してしまい、その思いを昇華させてしまいたいんだと
思う。

気持ちって言葉にならないことのほうがたくさんある。

最愛の人をなくしたとき。
いわれのない攻撃を受けたとき。
何をやっても認めてもらえないとき。
愛する人を抱きしめているとき。

悲しい、苦しい、嬉しいって言葉にすると、その思いは普遍化され
陳腐なものに陥ってしまう。
文章のプロならもちろんもっと素敵な表現を描き出してくれるだろう。
でも、所詮言葉になってしまえば、その思いは共有され、自分だけの
ものではなくなってしまう。

「違うんだ、この感情は悲しいの一言で片付けられるようなもんじゃない。
簡単にわかられてたまるか」

中島みゆきがあるインタビューで「あなたの作る歌は暗いと言われてますが、
その点についてどう思われますか」という問いに
「所詮歌詞に出来ることなんて、この世の苦しみ悲しみの一部でしかない。
世の中には歌詞に出来ない悲しみや苦しみがいっぱいある。
もし、自分と歌詞の登場人物の想いが同じだと感じても、所詮歌詞に出来る程度
なんだと思って乗り越えて欲しい」
という意味合いのことを語っていた。

所詮ブログに書けるほどの体験であり、過去であり、思いなんです。
むしろ、自分で辛かったけど言葉にしてみようと思うことにより、その過去を
「許す」「認める」という自浄作業をしていると思います。
それほど意識的ではないけれど、考えてみればそうなんだと思い至った。

何を当たり前のことを大仰にと思われるかもしれない。

そんなことを昨日の夜、ガンダムのプラモデルを作りながら考えていたのだ。
おかげで今日は朝から、首が痛いw

01

28

コメント

甘え上手になりたいなんて云わないよ絶対。

甘えるのが下手だと男に言われた。
どの男かって?
全員だ。
どの男も俺と付き合った奴は全員口をそろえたかのようにそう言ったw
某にはそう言いなさいと言うマニュアルでも出回ってるのか?

そう、俺はあまり人に甘えない。
甘え方を知らずに育ってきたせいなのかもしれない。
でも、それ以上に甘えるってことに我慢できないところもある。
甘え上手っていうのは裏を返せば「バカなフリが上手いやつ」
っていう意味じゃないのか?
本来甘えるのってのは子供か女の役割だ。
力の弱いものが権力者の庇護に収まるためにする仕草ではないのか?
付き合うならば対等でいたい。

俺はプライドが人一倍高いらしい。
そういえば以前このブログで「捨てられないものは?自尊心です」と
冗談めかして書いたことがある。
実はこれ実際に高校の入学時の面接での回答の一つだったんです。
中学生でですよ?
メチャクチャ生意気なガキですよ。
本当昔の俺って大ッ嫌い。どんだけ突っ張ってるんだよ。
「プライド」って言葉を使わずにわざわざ「自尊心」って表現をするあたりが、青臭い。
ってこのあたりは今も変わってないのか?

昔の自分イジメはこれぐらいにして、本題に戻す。
女は無意識的に甘えることが上手い。
中には意識してバカなフリをしている奴もいる。
ノンケ男はそういう女を選ぼうとする。
守ってやりたいという、可愛いという意識が働く。
ホモの男も実は男である限り、付き合いのイニシアチブを
取りたいと本能で思うところがあるのではなかろうか?
守ってやりたいと思わせることが、相手の愛情を刺激する
要素の一つになりえるのはなかろうか?

ならば、俺のこの甘え下手は恋愛を持続することを目的とするならば、致命傷だ。
髪を短くしたり、パンツを買ったりする前に、この甘えるという
行為を会得するべきではないのだろうか?
「もう、この子は俺がいないと何にもできないんだから」と思わせるが勝ちなんじゃ
ないのか?

根拠のない自尊心を振りかざすより、俺はバカになって甘えることを鍛えるべきなのではと考える。



でも嫌(笑)

01

27

コメント

久々に淫乱になって遊ぶ

ネットで知り合ったチカラ君が俺の台所で晩飯を作っている。
変な感じだ。
少し前は見知らぬ他人だったのに。
チカラ君は主税と書く。大石内蔵助の息子と同じ読み方だ。
ちゃんこが得意だと言う彼はどことなくそういえば若乃花に似ている。
恰幅もいい。

それにしても、この状況で彼が来たらヤバイなとは思う。
別に浮気じゃないけど、ノンケならまだしも彼はホモだ(多分)。
そんなこと知らないよって感じのチカラ君は暑いっすねといいながら
白いTシャツの首口をばたばたと仰ぐ。顔を見ると大粒の汗がたれてきている。
目に入ると痛そうだから、そばによってタオルで汗をぬぐいとってやる。

「なんだかオペ中の医師みたいですね」とチカラ君は笑った。
「先生」と俺も呼んでみた。
彼は俺の言葉に笑ってくれた。
笑った顔がかわいい。
彼の顔がほんのすぐ近くにあった。
汗の匂いがした。
心臓がドキュンと音をたてる。
キスをした。

ああああああああああああ。
一線踏み越えちゃった。

「俺のチンポこんなになっちゃいました」
青いトランクスをびろんとずり下げて見せてくれる。
いやああああ。自制心大ダン(大幅ダウン)

ぱくん。
チカラ君の小ぶりのちんこ咥えちゃいました。
俺ってどうしてこう淫乱なんだろう。

突然ドアが開く。
戸口にこぶ平。
え、何故にこぶちゃん?鍵かけるの忘れてた?
そういえば今日は、一緒にゲームやろうと呼んでいたんだ。
忘れていた。
まずい。顔面蒼白。
男とさかってるところを見られた。終わった。
会社にホモだとばれてしまった。
「某さん、何やってるんですか。男好きって本当だったんですか」
こぶはニヤニヤとしながら部屋に上がりこんできた。
俺は硬直してチカラ君のチンコを咥えたまま動けない。
「ちょっと拝見」
俺の口元にこぶが顔を寄せてくる。
「うわ、本当に男のちんこしゃぶってるんですね。気持ち悪いなぁ」
そういいながらも、こぶ平の鼻息は荒いことに気づく。
こぶは立ち上がるとジャージのズボンをズルリとひざまで下げて
チンコを晒した。皮かむりのチンコから雫がたれている。

ぱくん。
美味しい。

上を見上げると、チカラ君とこぶ平がキスをかわしている。
なんだ、このハーレム状態。
今年は当たり年?



(だから、夢の話は面白くないって言ってるのに)


淫夢なんて久しぶりで少し驚いた。
チカラ君ってのは学生時代の友達の名前だし。
容姿は若乃花そのものだった。
で、この後続きは急に場面が変わって、若乃花のちゃんこ屋に好きだという
気持ちを伝えに行くのだが定休日で休み。近くのおばちゃんに居所を
訊くと「そんなの知らないよ。大体本当に好きなら自分の仕事より優先させれば?」
とわけわからんお叱りをいただく。
目が覚める。
起きてすぐメモしたのだが、あまり意味がわからない。
大体若乃花なんか俺好きだったっけ?(笑)
こぶ平は久々の登場。
実はもうひとり登場していたのだが、その場面はカットしておくw

01

26

コメント

いい店だったんだけどなぁ

彼と昨日メシを食いにいったのだが、目当ての店に行くと
看板は取り外され、灯りはついていなかった。
ドアには書きなぐるような拙い文字のメモが貼られており、
「長らくのご愛顧ありがとうございました。当店は閉店いたしました」と書かれていた。

牛鍋の美味しい店だったんだけどなぁ。
湯葉の刺身と豆腐も絶品だった。

でも彼と二人顔を見ながらやっぱりねと頷きあった。
料理の味には文句なかった。店も綺麗とはいいがたいが、許容範囲。
けれども、店主とその従業員の個性というか性格に少し難があった。

何についても、薀蓄が多すぎるのだ。
湯葉は確かに旨い。旨いのだがそれは何故かとか
どこで仕入れたとか、どうすれば旨くなるとか、
どれほど努力をしているかとか、
とかく訊いてもいないことを食事の間中ずっと話し続けるのだ。
それが店主だけでなく、気の利かない役所の窓口みたいな
顔をした従業員も同じように繰り返して薀蓄を披露していく。
正直相槌を打つだけで疲労困憊していく。

最初の来店時にはまだ、「名物親父ってのはこういうものか」で済んだ。
2度目も又同じ話を繰り返されると、もう本当にうんざりする。
他の客がいれば、その苦しみも分配されるのだが、運悪く
俺ら二人が薀蓄の集中砲火を浴びせ続けられるとたまったもんじゃない。
2回目は二人店の話なんか挟み込ませないように、ずっと二人で話し続けてやった。
だが、それにも限界がある。モノを食うときにはやはり黙る。
店主はそのタイミングをついてくる。
「兄さん、その野菜旨いやろ。それはな鷹ヶ峰の畑で取れた京野菜で・・・」
やれやれである。
たまにその店で食いたいなとは思うのだが、その店主の薀蓄話を又聴くのかと思うと
まっこと面倒で自然に足が遠のいてしまった。
おそらく他の客もそんな感じで、その店を避けてしまうようになってしまったんじゃないだろうか?

サービス業のお愛想は難しいところもあるのだろうが、
従業員の話はやはりほどほどか無口なほうがいいと思う。
こちらが訊いた事にキチンと答えてくれるだけで十分だ。
散髪屋もタクシー運転手も無口なほうがいい。
オンナも無口なほうがいい。肴は別になんでもいい。
基本黙々と作業をこなしてくれる職人さんのほうが俺は好きだ。

ただ豆腐と湯葉は本当に掛け値なしに美味しかった。
あれが食えないのは少し残念だとは思う。

01

26

コメント

2~3日前から俺の住む街にも雪がちらついている。
積もりそうで積もらない。
ハラハラと霞む灰色の空から舞い落ちてくる雪を
見ていると、心は又幼子に戻る。
大丈夫、もう子供じゃないと自分に言い聞かせるのだが、
その感情は理屈じゃない。

・・・・・・・・・・その家で俺は鬼子だった。
幼子としてそれなりにかわいらしくはあったのだが、
所詮郷里を捨てて出て行った女の生んだ子供だった。
半年間だけ、この家の子として暮らしていくんだよと
いい子でねと母に告げられた。
半年という時間が当時の俺にはどれほどの時間か
よくわからなかった。
昨日と今日と明日の概念だけしかもってはいない。
「明日の明日の明日?」
「ううん、もっと明日がいっぱい。
秋が過ぎて冬を越えて春になれば迎えに来るからね。」
母はそういってこの寒い土地に俺を置いて帰っていった。
少し泣いたけど、あまり泣かなかった。
泣いても詮無いことを既に知っていたからだ。

祖父と祖母と叔父がくらす2階建ての家が、その日から俺の家になった。
文化住宅は3軒ごとに一区切りとなって綺麗に列を作って並んでいた。
その住宅街の一画を除くとほかにはあまり家もなく、
周りはススキだらけですぐ裏には山がそびえていた。
本当に何もないんだなと子供ながらに思った。
駅前にはデパートやおもちゃ屋もあったが、
そこに行くには長い長い坂を下りていかねばならず、
歩いていくにも相当の時間がかかった。

こりゃ逃げられないなと覚悟を決めた。

その家の中心は祖父だった。
祖父は俺に優しく、かける言葉にはいつも愛情がこもっていた。
仕事を終え、囲炉裏の前で晩酌をし、ほろ酔いになってくると
俺をひざの上にのせて物語を聞かせる。
わかる話もあれば、わからない話もする。
方言がきつく、何をしゃべっているのかは
あまりわからなかったのだが、祖父の言葉の響きが面白く
キャッキャとはしゃいでは祖父を楽しませていたようだ。
休みの日には祖父と二人で山にイナゴを取りに行った。
家に帰って佃煮になって食卓に並んだときには度肝をぬかれた。

冬になって、祖父が入院することになった。
現場で足を滑らせてケガをしたらしい。
叔父は合宿で家を空けていた。
祖母と二人きりの暮らしがその冬に始まった。

祖母はその日から急変した。
まず歩き方がやかましいと終始ついて回っては足を叩かれた。
家の中では音を立てないように歩かねばならなかった。
台所の板の間を歩くときは細心の注意を払わねばならなかった。
夜に歌を歌うなと叩かれた。
京都弁が気持ち悪いとからかわれた。
テレビを勝手につけることは禁止された。
毎朝、新聞を門のポストから取ってくることが仕事になった。
雪や雨の日には靴下が濡れるという理由ではだしで取って
くるように言われた。
ぬかるみで濡れた足のまま、家に入ると犬畜生じゃあるまいしと怒鳴られた。
俺の箸が折れてしまったと、割り箸でご飯を食べさせられることになった。
子供には長く扱いづらかった。
時々は急に俺を抱きしめては泣き崩れた。
だけど、彼女の心の不安を取り除くには俺は少し幼すぎた。

4歳の冬のこと。

01

24

コメント

All music's children can song!

全曲聴き終えた後に無性に15歳に戻りてぇと思った。

あの頃にこんな音楽聴いてたらきっと
胸がもっと震えたんだろうな。

何かしたくて叫びたい衝動を抱えたままの
あの頃に聴いたらすげぇだろうな。

今俺の全財産が3000円ちょっとしかなくっても
このアルバムを買って後悔なんかしなかったと思う。

もうありきたりの応援ソングとかさ、
お涙頂戴のバラードとかさいらねぇよ。

38歳の今でも心震えた。

涙を流す
朝まで踊る

そして・・・・・恋をしていく


01

23

コメント

俺の中のモンスター

俺にはやっかいな癖(ヘキ)がある。
頭の片隅ではバカだと判っているのに、やめられない。

収集癖。コレクター癖。

本にゲームに・・・。部屋がどんどんモノで埋め尽くされていく。

収集癖は強迫性障害の一種であるという説もある。
あるいは、男の幼児性の表れだとも言われている。
あるいは脳の障害だというような文献も読んだことがある。
どの説もごもっともってところか。

そういえばもっとひどい文章もあった。
ホモと収集癖についての一文。
あまり愉快な文章じゃないから読みたい方だけCtrl+A。
勿論俺が書いた文章ではない。
他のブログから勝手に引用させてもらった。

ホモ・セクシャルな人間の性格は肛門性格と呼ばれるもので、
一言で言えば、何でも集めるのが好きな収集癖があり、
捨てるのが嫌な人間であり、当然、お金に対してもそうで、
ケチで溜め込む傾向が強く、身勝手であり、性格としては決して良くはない。
むしろ、最悪の性格と言って良いものである。


しかし、この方もホモをそんなに毛嫌いせんでもw

それはそれとして。
俺は少し精神を病んでいるのかもしれないとは常々思っている。
個性で済ませてる部分もあるが、意外と根っこの部分は
危ういんじゃないのだろうかと、正直に思う。
ま、病んでいるなりに現実や社会や恋愛やなんやかんやと、
折り合いをつけながら生きているわけだけど。

相変わらず前置きが長いなw
こういう文章をダラダラと垂れ流すのも何らかの精神疾患でしょうか?

で、本題。
最近集めているのがスーパーファミコンのカセット。
実はこの間これを買った。

nikofami.jpg

スーパーニコファミ

なんとこれ1台でファミコン(FC)とスーパファミコン(SFC)のゲームが
両方できるという優れもの。コントローラーも2個付属。連射機能付。
さらにオリジナルにはついていなかったS端子ケーブルも付属しているのだ!

本体買っちゃえばそりゃ次に欲しくなるのはソフトでしょう。
ってことで俺は今、SFCとFCのソフトを探してあちこち回るのが
楽しみの一つとなったのだ。
先日の秋葉原への聖地巡礼の旅もソレw
ライブが目的(本当はデートが目的)だったはずなのに、
東京に照準を定めたとたん俺の中の「アイツ」が目を覚ましてしまった。
いいソフトはいねぇか、レアなゲームはいねぇか。
彼氏は俺の性格わかってるみたいで、しっかりすっかり呆れ顔で、
別行動をしてくれた。
どんなデートやねんw

昔やったゲームを思い出しては買いなおしてるような感じか?
さながら同窓会気分。まっこと楽しいんだわ。
どれだけいいものを安く買えるかもポイントの一つだ。
金に糸目をつけないタイプではないので、生活基盤を揺るがすほどでは
ないのが救いか。
家に帰ってアルコール消毒をして(中古は結構汚いのが多いので)
並べては楽しんでいる。ゲームなんかしてる時間がないほどだw

しかし、秋葉原某店で見つけた【百の世界の物語】の中古ソフトが
9800円もするのは高すぎないか?
って誰もわからないかw

01

22

コメント

本当に余計なこと

ある人から教えてもらったブログ。
柔道体型のぽっちゃりした男の子
(20~25ぐらい?)が露出に目覚めて
裸をアップしてるという内容
文章はかなり少ない。がそれ以上に説得力がある
若く素晴らしい裸を惜しげもなくさらしている。
助平なファンはそりゃ夢中になる。

本人はノンケで、男が好きなわけじゃないけど
裸を見られて褒められることに快感を覚えてきて
ブログを始めたらしい。
出身は2chのどっか。
あまり詳しいことは判らん。

ブログを教えてもらった当初は
「おおこんな可愛い子がwでへへへへ」と
見ていたのだけれど、ここ1月半ほど忙しくすっかり
チェックするのを忘れていた。

のんけの露出好きさんって、観客が男でも女でも
どっちでもいいのかなとか思っていた。
だが所詮ネットの向こうの他人のことだった。

それがだ。
今日たまたま思い出して、その子のブログを
覗いてみたんだけど、正直ぶったまげた。

「男の人とSEXしてみました」と文面にあるではないか!!
なぬ?
おぬしノンケだったんじゃないのか?
アップされている画像を恐々と開いてみると・・。
チンコ咥えてる画像&ロープで縛られている画像。

絶句。

この1ヶ月で何があったんだ?

文章の続きはこうある。

>僕はウケでした!
>かなり気持ちよかったです(^O^)

・・・・・・・・なんかヤダ。
人様の性生活に口挟むもんじゃないけど、なんか
かわいいままの男の子でいてほしかったのになぁ。
もちろん誰とファックしようが俺には100%関係ないのだけれど、
はじめてのセックスの写真を公開するようなことを
許すような人と寝て欲しくなかったなぁ。
これからどんどん深みにはまっていくんだろうけど
ホモセックスはホモセックス。
日々の生活は日々の生活。
ちゃんと分けて生きていって欲しいな。
同じような感じでずぼずぼとこの世界にはまってしまった
リアルな男の子を知っているだけに心配。
もちろんこのブログ自体最初から虚構の世界なのかもしれないけど。

ふうう。
何を偉そうに言ってんだ。
そのセックス画像をメモリースティックに保存した下品な男の言うことじゃない。
我ながら気持ち悪い。

01

22

コメント

守るも攻めるも

ttp://www.sanspo.com/shakai/top/sha200801/sha2008012210.html
痴漢行為は許されない行為です。やっちゃ駄目絶対!

それはそれとして。
彼の自宅の屋上にガラス貼りのお風呂が増設されて
彼のあられもない裸姿がさらされ、付近の住人
はえらく迷惑していたそうな。
60歳にもなる熟れた巨体を日夜見せびらかせていたのでしょうか?
あの巨体からすると恐らくアソコはポークビッツサイズ。
ポークビッツをあえて誇示するかのように、ガラスに押し付けたりしていたのでしょうか。
でも睾丸は巨大なんだろうな。
ブラブラと揺らしてわざと前屈姿勢になったりして
ケツの穴と睾丸をガラス窓に押し付けたりしたんではあるまいか!
いやしたに違いない。俺だったらする。
興にのってくればM字開脚なんかもしちゃったりしたのではなかろうか!!!
なんてハレンチな親父なんだ!!!

少しだけ、ほんの少しだけ見たかったなぁ。

*******************************************

昨日友人との電話。
友人A「それがハメ殺しとかになってたりしてね」
某「そんなエロいことになってるの」
友人A「え?」
某「え?」
友人A「ハメ殺しって窓とかのことだよ。お前何考えてんの?」
某「・・・・・・・・・・」

てっきりケツにチンポ入れられてもだえる親父を想像していましたw

そういえば、腐女子を見極めるのに
「『攻め』の反対は?」と聞くと一般人は「守り」と答える。
腐女子は「受け」と答えるので判断がつくそうです。
それに近いですね。

知らず知らずのうちに、こんなにホモボモしくなっていた自分にショック。






01

21

コメント

目を閉じてイクスカーション

今年初めての東京。
日帰りなので少しせわしない。
GOING UNDER GROUNDのライブ観戦だけのために
上京した。少しバカである。

ただライブだけのためにのぞみの往復運賃を
払うのはもったいない。貧乏性だ。

聖地巡礼の如く秋葉原へ。

ローアングラーなる言葉をご存知か?
KC390751.jpg

コスプレさんや路上の草の根アイドル(命名俺)さんたちを
撮影するふりをしながら実は下半身やパンチラなどローアングル
専門に撮影するエロガキたち(大人含む)のこと。
それなりにいましたね。
でもね、女どもも自分から股開いて撮影させてるようなところが
ありましたよ。
両者OKならいいような気もしますね。

KC390752.jpg

今回時間なくてあまり俺好みの男の子の撮影ができなかった。
この子なんか好きだな。素朴そうで。
本当に素朴かどうかはこの際どうでもいい。
逆にこんな顔した子が夜の生活派手派手だったらいいのになぁ。

KC390753.jpg

お相撲さんのデート現場を押さえる。
地元でお相撲さんなんかめったに見ないから珍しい。
でも、今初場所やってるんじゃないの?出なくていいの?
日曜日はお休み?


駅の売店で売っていたリストバンドが気に入ったので衝動買い。
タカ&トシのキャラクタのライオン君ですね。
彼らの漫才は面白くて好きです。
このリストバンドはめたまま、ライブではじけてきました。
ライブ中ジャンプすると自分のお腹が揺れるのがわかります。
ボヨンボヨン。
なんとかならないものかw

KC390748.jpg

帰りの電車の中。
離れぬように 離さぬように ぎゅっと。

01

19

コメント

あまり積極的には・・。

あまりオカルト方面は信じない。
霊感も幽霊も前世も積極的には信じていない。
スピリチュアル(っていうの?)なこともあまり信じていない。
時々不思議なことに遭遇したりするけれど、
それはそういうもんなんだと割とフランクに受け止めている。

占いもその範疇。
遊びで占いとかおみくじとかしてみることも
あるけれど、別に何も気にしない。
おみくじを木に結んで帰る風習にも特に従わない。
そんなの適当に処分しちゃう。
積極的に否定はしないけど、俺とはあまり関係ない
世界だなと思っている。

妹の旦那(義弟)が実は占いが大好きだ。
もう何事もゲンを担ぐし、何かあるたびに占いの大先生のご指示を
仰がねばならないという感じのお人だ。
彼は男前だし(世間一般の男前ってことです。でぶ専ホモの方たちの好みの範囲外)
話は上手いし、物腰は柔らかいし、頭はいいし、本当に申し分のない
義弟なのだがその占い気質だけはどうしても相容れない

実は先日も俺が引越しをするにあたって、その事が義弟の耳に入り、
それなら日程や方角などを是非、先生にみて貰ったらどうかと
遠まわしにではあるけれど、かなりしつこくお誘いの電話があった。
好意だとは十分承知しているのだが、そういうのはあまり好きじゃない
と勘弁していただいた。
後日妹からの電話で、「好き嫌いの問題じゃないのにと、かなりご立腹でしたw」
と報告が来た。
「兄は小さい頃からの変わり者だから許してやってくれと伝えておいて。」と俺。
・・・・・・・親戚付き合いも楽じゃない。

自分の運命は自分で切り開くのだと何もかっこつけてるわけじゃないのだけれど、
そういうの気にしだすと本当に何もかも気にしなくてはいけないような気がするのだ。
でも全部の占いがその人の方向性をたった一つに指し示してるわけじゃないんでしょ?
星占いもシャボン玉占いも姓名判断もすべてあんたの今年の恋愛運は0です
って言ってる訳じゃないだろうし?
多分信じたい占いを当事者が取捨選択してるんだろうと想像する。

うちのアメクチもめざましテレビの占いカウントダウンを見ては
「最悪!今日みずがめ座12位でしたよ。同僚との揉め事に巻き込まれそうですって。
某さん、今日何かしでかすんじゃないでしょうね」とか朝からぶつぶつ言ってる。
これはこれで楽しそうだ。

01

17

コメント

楽しい買物ライフ

ここ最近エコバック持参で買物に行く。
ナイロンの買物袋1枚5円取られるのが
惜しいからじゃない。(少しそれもあるけど)
エコバック持参で買物に行っている自分に
酔っているのだw
何もエコロジ君気取りじゃない。
どちらかというと主婦気取りなのだと思う。

行きつけのスーパーでは毎週火曜日に2000円以上買物をすると
次の日から1週間利用できる150円の割引券がもらえる。
だから大物(調味料や洗剤)などは火曜日に買って
1回の精算が2000円以上になるようにするべきなのだ。
何も吝嗇気取ってるわけじゃない。
これも主婦気取り。

20時以降の50%OFFのものを狙って買う。
これも主婦気取り。
それにしても、買物がこれほど楽しいとはw

仕事帰り20時過ぎのスーパーには主婦よりも男客が目立つ。
お値引き惣菜に手を出している独身男の姿が多く見受けられる。
ここ最近足しげく通っているので、何度か見かける買物仲間ってのも出てくる。
紫色のニッカポッカのおじちゃんもその一人。
話をするわけでもないけど、なんとなく互いにコイツ昨日もいたな
って感じを持っているのがわかる。
ニッカポッカさんは餃子とあげたこ焼きが好きだ。
あげたこ焼きが売り切れだと「売り切れかよ。残念でした~」と
独り言を言う。
ご飯の量からして一人暮らしなんだろうなということも容易に想像がつく。
別にそれがどうしたこともないけど、なんとなく連帯感をもってしまう。
今日も一日お疲れさんって言葉にしないエールをニッカポッカさんに
送ってみる。特に返事はないけれど。

そして昨日もニッカポッカさんと同じ場所で会った。
買い物カゴにはいつもの餃子のほかにわらび餅が入っていた。
そのわらび餅ひとつでなんだか・・・惚れてしまった。

01

16

コメント

電気をつけたままで堂々とSEXができることは・・。

社会学の授業が割と好きだった。
担当の先生がカチムチで毛深くて、何だか頭が
亀頭を想像させるような形で、俺は一目見たときから大好きだった。
その先生は、ワイシャツの腋がいつも黄色く汗ばんでいて、
そばで質問をしながらその香りを嗅ぐことが何よりの楽しみだった。

あまり勉強をしなかったのでうろ覚えなのだが
中産階級のセックスと労働者階級のセックスの比較
という授業があった。
興味深いでしょw
昔流行った「○貧 ○金」みたいなものなんだけど。

電気を消してSEX・・・・・・労
明るいところでも平気・・・中

前戯が短くすぐに挿入・・・労
前戯にやたらと時間をかける・・中

避妊をしない傾向にある・・・労
避妊に気を使う傾向・・・・中

SEXの大半は挿入と射精が目的・・・労
SMなどをSEXに取り入れる・・中

SEXにかける時間が短い・・・労
SEXにたっぷりと時間をかける・・・中

ま、要するにより快楽的変態的なものを中産階級はセックスに
求めやすく、労働者階級はとりあえず射精できればいいんだよ
って感じなんでしょうかね。

自分はどっちだろうって当てはめていくと・・・。
やっぱ変態的な中産者階級的SEXになるんだろうな。
でも、明るいところでのSEXはあまり好きじゃない。
暗いところでド変態にサカるのが好きw

でもこの調査って、誰かが統計取ったってことなんだよね。
その事実に感動を覚える。


追記
こんな感じw
KC390732.jpg




01

15

コメント

トイレに潜む悪魔

困った。
身動きが取れない。
いつもはキチンと確かめるのに。
ミスった。
後悔先に立たず。

・・・・・・身動きが取れなくなる15分ほど前。
晩飯の買物の最中、不幸の前触れが訪れた。
殺人的な腹痛。
そして強姦的な便意。
お腹グルグル言っている。
少しでも動くと漏れそうな気がする。
動くな。
ケツの穴を思いっきり締め上げ、足を不自然に交差したままの
姿勢で静止する。
便意には波がある。経験上知っている。
このBIGWAVEを越えたら、次の波がくるまでにトイレに走りこめばよい。

グがグあがうがぐがうがうあがうううう・・

ん?おさまったか?
そろりとダッシュ。
肛門を刺激するな。
そろり
スタ。
そろりそろり。
スタスタ。
そろり。
スタスタスタスタ。

スタタタタタタタタタ

セーフ。
なんとか今日も漏らさずに済んだ。
なんかいつもギリギリ間に合うよな。
いつもパンツ脱いだ瞬間に勢いよくでるけど、
その前に出てしまうことはないよな。
なんでだろ?

ふう。

トイレットペーパーでお尻を綺麗綺麗にしていると、
太ももにチクっとした痛みが走る。
イテ!
左に傾けてみる右モモが痛い。
右に傾いてみると左モモが痛い。
まさか・・。
恐る恐る手で触ってみる。
ご丁寧に左右両方の便座に亀裂が入っていることを確認する。
亀裂箇所がきちんとシンメトリーになっている。
その割れた隙間に太もものお肉ちゃんが挟まってしまったのだ。
動かなければどうということはない。
だが立とうとするとすこぶる痛い。
便座の片方だけの破損ならば重心のかけ方で
立ち方もあるのだが、両方の亀裂に対処できる術はない。
どちらかの太ももを犠牲にするか?
内出血は避けられないだろうな。
この年になると青あざがなかなか消えないんだよな。
カモシカのような自慢の足なのに・・。
駄目だ。そんなの。

少し足掻いてみる。
トイレットペーパーを多めに取り、二重三重に折り、
太ももと便座の間に少しずつ紙を挟む作業を行う。
慎重に慎重に。
意外とこれがうまくいき、足とお尻を傷つけることなく
便座からたつことが出来た。

それにしてもだ。
この便座は最初から割れていたのだろうか?
それとも俺が割っってしまったのだろうか?

正直に告白する。
去年の夏、会社の洋式便所の便座を壊した。
よっこいしょって座った途端にバリって音がして・・割ってしまったことがあるのだ。
多分体重のせい。そんなデブでもないんだけどね・・。
そのときはスグに庶務に連絡し直してもらったけど、
(某さんこれからは和式でお願いします)
今回はどうだったか?
確かに緊急事態だったので勢いよく座った気もする。
だが音はしなかった・・はず。
災いなのか、器物破損なのか・・。

とりあえず、壊したなら弁償しなければいけないので、
恥ずかしいけどお店の人を捕まえて控えめに申し出る。

「あの男子トイレの便座なんですけど・・・。」
「あ、申し訳ございません。割れてるんですよね。週明けに直す予定ですので
お怪我はございませんでしたでしょうか?」
「あ、そうですか、それじゃ、いいんです」
とりあえず胸をなでおろす。

これからは必ず便座確認。これ絶対!

01

14

コメント

日々の糧

一人暮らしをするにあたって簡単な決まりごとを
自分の中で取り決めておいた。

①出来るだけ手料理を作ること。
②リビングだけはこまめに掃除をすること。
③トイレとお風呂場は清潔に保つこと。
④買物はなるべく徒歩か自転車で。
⑤リビングでオナニーはしない。

割と何に対しても、こういう取り決めをすることが好きなほうだ。
基本自堕落な性格なので、ルーズになるととことん堕ちていく。
正直なところ、ある種の要因が重なれば俺は引きこもりになる
可能性が十分にあると思うのだ。気をつけねば。
ま、それほど大仰な取り決めでもないので守りやすい。

今のところ、どれも守れている⑤は少し怪しいけどw

で、食事の話。
仕事をしているとやはりどうしても帰ってからメシを作ることが面倒になる。
勿論ちゃんとされている方がいることは承知している。
俺が不精なだけです。
今までも外食やコンビニ弁当に頼ることが多かった。
多かったレベルじゃないな・・99%外食に頼っていた。
せっかくなので生活を変えるにあたって食事を見直そうと思った。
健康のこともそうだけど、自分で作るほうが楽しくて旨くて
経済的なんだという当たり前の結論を採用してみた。
近所のスーパーが深夜11時まで営業していることもあり、
よっぽど遅くならない日はそこで買物ができるという利便性もある。

だが、昔はアレコレと一人で料理していたのだが、
いざ今作ろうとすると何を作っていいのか全く思い浮かばない。
全然駄目。
お料理の本も買って、DSお料理ナビも参考にしようと思ったが
そういう方面に頼ると逆に面倒。
だからスーパーで目に付いた食べたいものを1品買って、
それにあわせて料理を決めるということをやっている。

先日はほうれん草としいたけを買ってみた。
ほうれん草はにんにくをオリーブオイルで熱し、
そこにベーコンとほうれん草をどばっていれて軽く塩コショウしてみた。
意外に旨いw
結構肉厚のしいたけを買った。高かったw
しいたけは飾り包丁を笠に入れて、塩を軽く振って網で両面焼いた。
皿に盛り付け、味の素と醤油をたらして食う。
旨いw
後は缶詰のさばの味噌煮をサイドに。
この間テレビで缶詰グルメを見て(ぷっすまだっけ?)以来
缶詰にはまっているのだ。

問題はいつまで続けられるかだね。
飽きっぽいからな。とりあえず人の目に付くところに
こういう初心を載っけてしまえば心積もりも違うだろう。













01

13

コメント

初詣

昨日彼と二人で八坂神社まで初詣にいってきました。

色々都合があって、二人なかなか正月中時間が
合わなかったのだけれど、ひょっこり時間があったので
一緒にお参りしてきました。
お参りの帰りに境内でおみくじを引いてみた。
2種類用意されていた。
「普通のおみくじ」と「恋みくじ」。
商売っ気だしやがってなんてバチあたりなこと
考えちゃいけない。

もちろんキャピキャピのゲイらしく恋みくじをひいてみる。
「末吉」・・・・・・・・。
縁談・・・薄い。 恋愛・・・無理。
いいの。もうこれ以上恋なんてしなくても。

やっぱ、ふつうのおみくじだよね。
女子供の恋みくじなんてやってられるかって。
もう200円払って普通のおみくじをひいてみる。
「末吉」・・・・・・・・・orz
待ち人・・・遅くに来る 恋愛・・・無理

2回引いて2回とも末吉ってことは、末吉なんでしょう。
確率100%だし。

気をとりなおして祇園名物葛きりを食べに行く。
20年前ぐらいに食べたっきりだ。
意外と地元名物って食べる機会がないんですよね。

画像暗いけど。
KC390725.jpg

これ1人前900円するんですよ!
黒蜜は味がが濃いけど、葛切の食感が心地よくツルツルと食べてしまう。
美味しい。

昼飯に鰻を食う。鰻は美味しいね。なんか食ってばかりだけどw

勘定を済ませて店を出ようとすると足元をすり抜けていくものがあった。
その先を覗いてみると鰻屋の前の居酒屋の看板の下に子猫がいた。

KC390726.jpg

子猫ちゃんの立ち位置が悪いというか店の名前があれだねw
不本意な猫の気持ちが伝わってくる。

KC390727.jpg

奥の路地にもたくさんいました。
しばし猫の写真撮影会を彼と二人で行う。

そんなのんびりした休日でした。

01

11

コメント

出初式

消防出初式に出席してきた。
京都市消防局が毎年年初めに催す一大イベントだ。
一応自衛消防団の一員なので、こうやって毎年借り出される。

警察官と消防職員とレスキュー隊と各団体の作業服が
一同に会し、1千人の男共に囲まれるわけだ。
制服フェチ、作業着フェチの俺にとってまさにパラダイス銀河w
ま、偉いさんの話を聞いて、消防車見て、200mほどの道を
パレード行進するだけなんだけど。
KC390711.jpg

KC390710.jpg
KC390701.jpg

最後の写真は自衛消防隊のおじさんが上着の裾を直すのに
パンツあらわにしているところを押さえたつもりが、
いかんせん携帯カメラのタイムラグのせいでいいところが撮れずじまい。
本当にこの携帯使えない。

可愛いおじさんの写真も何枚か収めたけど、レンズにゴミがついてたみたいで
写真に傷がついてしまった。
少し縁起が悪いからアップするのは控えます。

****************************************

サンボマスターの新曲『光のロック』がいい。
ギターのリフもベースラインもドラムのリズムも
なにもかもかっこいい。しびれる。
出勤前に毎日見て気合入れている。
近所の方はとんだロック野郎が越してきたと思ってるかもしれないw
PVに安めぐみが出演していて、ボーカル山口の真似をしてる。
ゲイ向けのブログでこんなこと言っても賛同はないだろうけど・・・
安めぐみギザカワユス。
誤解を恐れずに言うなら嫁にしたいw






01

10

コメント

ノンケをいただく その2

http://x68000msx2.blog114.fc2.com/blog-date-20071130.html

豊太郎君はどう見ても変だった。
ジーパンに黒の革靴を履いてる19歳ってのが
まずありえない。
髪形もぼさぼさ。
ネルシャツの袖口にはソースの染みがついている。
正直野暮ったいと思った。
とりあえず俺のほうを見向きもしない。

寿司を食べながら関係を聞く。
彼が大輔さんのところのバイトで、どうやらノンケさんだけれども、
大輔さんが寿司おごってやるからSEXしようと誘ったらついてきたというのだ。
話を聞いてるうちに頭がクラクラしてきた。
なんで俺の周りにはいつもこういう非日常的なことがおこるのだろう?
俺が誘引しているのか?

大輔 「そんな脈もないのに俺が連れて来るわけないだろ?
    トイレでチンコ見せろっていったら見せるし、触っても文句言わない。
    俺が車の中でキスしようかと言ったら目をつぶって唇尖らしたんだぜ?」

お前は会社で何をやっているのだ?

某   「なんであんなに小声なの?」
大輔 「茨城の訛りが恥ずかしいんだと」
某  「で、今から彼とSEXするの?」
大輔 「お前がやりたいって言ったんだろうが」
某  「冗談なのに」
大輔 「でもお前のタイプそのままだろう」

確かに、服装の珍妙さを抜きにすれば俺のタイプの男の子だった。
ただ、その気がない人と、それも3Pをするってのはやはり躊躇する。
そういうと

大輔 「やる気はあるって。ここへつれてくる傍ら今日俺とやるけどいいか?
   って何回も念押ししたらうなずいたんだから」
某  「それはあなたが会社の地位を利用して脅したからじゃないの?」
大輔 「そんなことないよ。逆に俺にリスクがあるならこんなことしないって。
   大丈夫。彼はホモの素質がある。」
なんでこの人はいつもこんなに自信満々なんでしょうか。

食事も終え、俺の家でくつろぐことになった。
台所で珈琲の準備をしていると、奥の二人がやけに静かなことに気づく。
え、もうはじめてるの。
自分の部屋なのに忍び足で奥のベッドルームをみると既に
大輔さんと豊太郎君は互いに胡坐をかいたままの姿勢でキスを交わしていた。
瞬間俺が感じたことは、興奮よりも大輔さんへの嫉妬だった。
大輔さんが俺に気づき手招きをする。
導かれるように俺はその横に座る。
大輔さんが豊太郎君から唇を離し、その唾液が滴ったまま俺に口付けてきた。
目を閉じる。声が出る。
ベルトをはずす音が聞こえてきた。
大輔さんのか?
豊太郎君のか?

現実が少し揺らぎ始めた。

01

09

コメント

長い長い発展銭湯話(エロ薄め)

2日も引っ張って恐縮だが、そんなに色っぽい話は・・・実はない。
最初に断っておく。

入店して驚いたのが番台のやる気のなさ。
番台の前に立っても金額も言ってくれないし、
挨拶もない。
いくら払えばいいのかもわからずに番台の前でしばしたたずむ。
目があってるのだけれど、番台の年齢性別不詳の人物は
壁にかかった数字の見難いカレンダーを見るような目でこちらを見ているだけ。
いつまでも見つめあっても仕方ないので1000円札を出して相手の反応を見る。
どうやら足りたようだ。
お釣りを返すときだけ「・・あ・・ました」と声が聞こえた。

脱衣所は少し狭いと感じた。
3人が風呂から上がって着替えてる最中だった。
早速全員ホモだと認定する。
一人は携帯の話し方で。
「明後日から東京。違う違うあっちゃんと。
違うってほんまに仕事仕事。そんなとこ行ってる暇ないって。
あ、たっくんそこに来てるの?ちょっと代わって。お元気~」
一人は靴下の履き方で。
もう一人の親父は値踏みするような視線で。
こんなにホモ率高いのか。
20年ほど前に行った大阪の○○温泉なみじゃないのか。
期待が高まる反面こんな銭湯一刻も早く帰りたくなってくる。
アンビバレンツな乙女心。

あまり清潔な感じもしないけど、ま、こんなものか。
なんと驚くことに脱衣所から浴場までエレベータで移動するらしい。
ロイヤルか24会館かと一瞬見紛う。
階段も横にあったが物珍しさからエレベータで移動する。
ただ、一般サウナだとバスタオルを腰に巻いたり、
パンツを着用したりするのだが、銭湯なので覆うものがない。
完全フルチンだ。
タオルも持ってきたけど、俺のバズーカ砲(やや誇張あり)を隠せるほどの余裕はない。
なんとも落ち着かない。
所在なさげ感が全身に漂う。
なによりエレベータの床がびしょびしょに濡れているのが気持ち悪い。
何の液体なのかわからない。
もちろん風呂でちゃんと体を拭かなかった奴の雫が床にたまって
るのだとは思うが、何分ここはハッテン銭湯なのだ。
妄想・・・・・・・・・・・・・・少し勃起する。

エレベータ内に店主からの注意書きが張ってあった。
「この間、エレベータが濡れていたため、止まってしまう事故
がありました。エレベータ内に水を持ち込まないようにお願いします」
じゃ、銭湯にエレベータつけるなよw

2階で降りるとすぐ前がサウナと浴場だった。
頭と体を先に洗う。
バカみたいにはしゃいでる中学生と小学生の子供らが3人。
刺青が入った若者が2人。
社会科の教師のようなおじさんが1人。
他に客はいない。
アレ?意外とホモ少ないじゃん。

とりあえず、広い湯船につかる。思いっきり足を伸ばす。
ああ気持ちいい。少し熱いけど。

でも、こんな感じの風呂で発展できるのか?
浴場から見渡しても死角がない。
一般客が引けてからサウナでやったりするのだろうか?
一通り、サウナと浴槽を行き来した後、ふと廊下の張り紙
「3階露天風呂」の表示を目にする。
ユリイカ!
ホモの楽園は3階ですね?

エレベータはもう使いたくないので、階段であがる。
ものすごく小汚い感じがする階段。
上がってみると16畳ほどのスペースにベンチと灰皿と壊れかけのテレビが
置いてある自称休憩室。
その奥に露天風呂がある。
休憩室でタバコを吸っている可愛い感じのデブいる。
22~25ぐらい。多分ホモ。
くたびれた親父がベンチでスポーツ新聞を読んでいる。
これは判らない。
なんだか場末感がたまらなく淫靡だ。
奥の露天風呂に行くまでに打たせ湯と薬湯があって
そこに5人ほど。奥の露天風呂に2人ほど。
段々判別がつかないようになってきた。
全員ホモかもしれないし、全員違うかもわからん。
って、いちいちそんな判別の視線を向けている俺が一番ホモボモしい。
少し自重する。

露天風呂は狭く、3人入ったら満杯ってところだ。
でもせっかくなのでデブ1名追加させていただく。
俺が湯船に浸かると途端に先客の二人が退室される。
大いに気分を害する。
が、がっかり感を悟られたら負けなので全然平気って感じを装う。
ふん、いいもん。
一人貸しきり状態だもん。
冬の風は冷たく、頬を刺すようだが、より空に近い風呂は何か特別な趣がある。
少し目を閉じ仰向けに体を浮かせてみる。
・・。
不覚にも寝るw
公衆浴場で寝ちゃまずいだろ。

足に何かが触れた気がして目を覚ますと、両脇におじさんがぴったりとくっついていた。
狭い場所だが足や肩が触れるほど近づくこともないだろう。
お仲間さんに目をつけられたらしい。あまりの無防備さに容易いと思われたのかもw
右横のおじさんは北海道の小さな政治家を思わせる。
左横のおじさんはすまけいそっくり。いや、すまけい本人か?
どちらにしても生意気ですけど・・・勃起しません。
ただ3人もいるとなんというか膠着状態になり、なんとなく気詰まりな状態。
手を出しかねてる感じが伝わってくる。
せっかくなので手を出されてみようと待ってみる。
5分、10分・・・。イライライライラ・・・・・・・・。
モタモタせんと早よ、チンコいらいにこいや!

我慢できずにあがることにする。
グズは嫌いよ。

体を拭きながら別の可能性も思いつく。
俺がデブだから湯船が狭かっただけで、別に好きで
くっついていたわけじゃないかもしれない。
少し体が冷えたので小便がしたくなり、トイレに入る。
するといつの間にか上がっていたすまけいが背後から忍び寄り
一緒に入ろうとしてくる。いや、あの誘ってませんからw
「すみません、小便です」と小声で告げる。
「うふん」と甘い声をだしてそれでも近寄ってくる。
すまけいが俺の乳に吸い付く。
早い。
引っぺがしてトイレに駆け込む。
はぁはぁ。怖いよw
でも、やっぱりお仲間でしたね。
これでここが本当に発展銭湯だと実感できました。

以上、盛り上がりに欠ける発展銭湯体験談でした。






01

07

コメント

豚と暮らす日々

家族がどんどん増えてくる。
子豚を2匹、丸ペンギン1匹。
見切れてるけどその上にもペンギンが1匹。
安月給で食うや食わずの生活なのに。
こいつらの食い扶持稼ぐために今日も額に
汗して働くのである。

KC390685.jpg


そのうち俺、UFOキャッチャーで破産するんじゃないだろうか?

***************************************

先日やっと銭湯に行ってきた。
実は一度行ってみたかった銭湯があった。
京都でハッテンができるという銭湯があるとう
情報をサル筋から入手したのだ。
せっかく独り身になったことだし、こういうとこに
行って見たいと常々思っていた。
所詮煩悩の犬ですからw
それにしても京都ってハッテン場全然ないよね。
みんな何処で性欲処理してるんだろう?

○○湯。
家から車で20分強。
メチャクチャ遠いww。
バカじゃねぇのか?
KC390679.jpg

湯冷め確定の距離だよ。
で、そこで驚愕の展開が!!!!!!!!!!

お風呂の話の続きは次回。




01

06

コメント

今すぐ、さぁKissをしよう

ここ最近キスの回数が増えている。
なんでやねんって突っ込みはおいといて、
実際にそうなんだからしかたがない。

結構ディープな奴も好きだけど、
軽く唇を押し当てて何回もするやつも好きだ。
なんだかにんまりと微笑んでしまう。

あと目のキスも好き。
睫毛のキスじゃなくて唇を目に軽く押し付けてるやつ。
ものすごくじんわりとあったかくて、心がとろけていきそうになる。
愛されてるって実感が沸く。

ドラマで路上のキスシーンとかあるけど
あんなに一定の姿勢でずっとキスすることって
無理だよね?
感じてきたら声も出ちゃうし、鼻息も荒くならない?
それに勃起するよね、普通(笑)
俺だったら勃起したのをわからせるように相手の
太ももに押し付けたり、股間があたるようにするけどなぁ。

ま、そんなドラマがあったらびっくりしちゃうけどw

01

05

コメント

荷解き楽しや、唇寒し。

宿替えしてから半月以上たった。
なのに、いまだに荷解きが済んでいない。
普通の生活ができて友人を招く程度には片付いているのだが、
それはリビング(と呼ぶのもおこがましいけど)だけの話。
奥の部屋はカオスと化している。

うすうす皆さんも感づいてるかもしれないけど、俺は荷物がものすごく多い。
バカだからどんどん溜め込んでしまう。
その割りに収納するもの(本棚とか、ラックとか)が極端に少ない。
そりゃ片付けるものがなければ、片付かないのは道理。
買わなきゃね。

それにしても荷解きってのは楽しい作業ですよね。
引越しまでは本当に面倒くさいけど。荷解きだけなら別に
今月もう1回ぐらい引越ししてもいいと思うぐらい。
荷物のほとんどが趣味のものだから、全てが福袋みたいなものだ。

夜の20時。メシを食った後。
今日も今日とて荷解き作業。
箱をごそごそ開けていく。
やっぱり猫が好きのDVD!探してたんだよ。
おいおいこんなとこにあったのかよ
鑑賞しながら作業するか。
なーにBGM代りだよ。
鑑賞・・・没頭・・・・・・・・・・・・・・・・。
2時間経過。
は!片づけしないと、っておいエスパー魔美の3巻だけなかったのにこんなところに。
読書中・・・・・・・・・・・・・。
3巻だけじゃあれだね、他の巻も読みたくなってくるよね。
本棚を探す。
1、2、3、5・・あれ4巻は?
ごそごそ、ダンボール箱のガムテープをべりべりべりはがす。
捜索中。
あった。
続きはお風呂で読もうっと
お風呂にお湯が張るまで読書中。
しまった。明日の用意をせねば・・・ん?
カリフォルニアベア?
あ、こんなところに海外ホモDVDが大量に・・・
タイトル別に並べなおす。
パソコンを立ち上げ、自分で作ったアクセスのデータベース(ホモビデオデータベース)
に入力していく。
タイマーが鳴る。
風呂が沸いたようだ。
続きは又今度ってことで。。
お風呂でエスパー魔美を読みながらウダウダと過ごす。
極楽極楽。
風呂で寝る。
Zzzzzzzzzzzzz



は!又寝ちゃった。
湯冷めする前に体洗わねば。
ゴシゴシバシャバシャ。
風呂から上がる。
体フキフキ。
頭もフキフキ。
発見したDVDを手に取る。
カリフォルニアベアってどんなだったっけ?
・・・・・・・・・・・数年ぶりにみるエロDVD。鑑賞モード。
ごそごそ。
ああ、おデブさんたちがゲイバーで知り合って、何故か外で盛るんだ。
ああそうそう。この場面で蝿がやってる二人の周りを飛び回るんだよなw
なんでカットしないんだろう?
あ、この乱交シーンはよさそうな・・・。
シコシコ。
シコシコシコシコシコ。
シコシコシコシコシコシコ!!!!!!!!!
ドバッピュ!
いそいそ。フキフキ。
パンツハキハキ。
ふわぁ~。欠伸。眠たい・・。もう12時か。寝るか。

って毎日を最近過ごしています。
楽しいんだこれがw
中年の過ごし方としては間違ってるかもしれないけど。
別にいいのだ(バカボンパパ風に)












01

02

コメント

年賀式

昨日は会社の年賀式に出席してきた。
役員さんや各部署の幹部連中や婦人会、労働組合幹部
などが本社にごちゃごちゃ集まる。
新年早々なにも朝から集まらんでもと当初は思ったけど
これはこれで気が引き締まって1年の始まりとしては
いいかもしれないと昨今は思うようになってきた。
そのうちここに呼ばれなる日がくるかもしれないしねw
なんせすちゃらか社員だから。
あまり普段お目にかからない人たちに会えるのも新鮮。
こんな可愛いオジサマがうちの会社にいたなんて!
と、思わず総務人事に転属願いを提出してしまいたくなる。


この日のためってわけでもないけど、年末に3発してきた
散髪した。
最近実は髪を長めにしていたのだけれど、
伸びてくるとあまりにうっとうしい。
初めての試みでパーマでもかけてみようかと思ってたりしたんだけど。
散髪屋で隣の席で同じく客として座っていた子があまりに可愛く
つい「隣と子とおんなじような感じで」と言ってしまった。
「え、スポーツ刈りですか?」と店員。
「え、スポーツ刈りなの?」と俺。

隣の会話がモレ聞こえてくる。
「体ごっついな、スポーツ何かしてんの?ラグビーとか?」
「ラグビーはしてへん。柔道やってる」
「あ、それでか。身長と体重は?180ぐらいありそうやな」
「182cm、体重は量ってへんけど90ぐらい」
「ああ、ええ体してるもんな。顔もかわいらしいし」
なにこの萌え会話w
ここ発展場か?(発展バーバーなんちてw)
決断。やっぱり同じにしよう。
緑の黒髪をばっさりと切ってしまいました。
同じにしたところで別に、となりの柔道君とどうなるってもんでもないんだけどね。
というわけで、さっぱりスポーツ刈り某君のできあがり。

で、話を戻すとその年賀式の日。
役員の一人と挨拶をしているとそのおっさんが何を思ったか
急に俺の頭を撫で回し始めた。
役員「某君えらく、思い切った髪型にして」
某「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます」
役員「はいはい、おめでとおめでと。いや、結構似合ってるわよ」
え?
似合ってるわよ?
「わよ」って言いました今?
もしかして、お仲間ですか?
ま、100人いれば1人はお仲間という個人的統計があるぐらいだから、
別にいいのだけれど、新年早々「わよ」は駄目でしょw

全然タイプ外のおっさんなんだけど、もしかしてツバメとして
囲ってくれるかもという淡い期待を抱いたりしてみるw

01

01

コメント

バイブを買ってみる

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・でね?

バイブを年末に通販で買ってみたのだよ。
電池入れてブルブルって震える奴。
せっかくホモとして生まれてきたんだから
アナルをもっと活用してもいいんじゃないのか
と思ったわけ。
正月早々濃いネタでしょ?
恭介兄さんのブログに「自由研究にどうですか?」と書いたのも
実は自分が探求してみたかったから・・・ぶっちゃけ仲間が欲しかったとw
一人でやれよボケと言われそうだけどね。
昔はウケも結構やってた時期もあったけど、あまりその感じるってところ
までいかない時の方が多かった。
快感よりも入れられてるっていう感情としての悦びの方が大きかった。
ただ2~3回ものすごく感じまくって失神寸前までいった事があったのも事実。
その違いがいまひとつ自分でわからない。
相手なのか、チンコなのか、部位なのか、体調なのか。

そこで、平成20年という節目の年に私よれよれの某は「アナル飛翔の年」にしたいと
かんがえてるわけですよ、みなさん!!(ドンドンと机を叩く)

でね。
その通販から送られてきたバイブに保証書みたいなのが付いてた。
「この商品は12月29日に動作確認いたしました。担当××」
え?動作確認をお店でしたの?
どこまで試したんだろうwなんか使いづらいなぁ。

とか言いながら実はこっそり(そりゃこっそりだろうけどw)試してみました。
おせちを作る前に。
意外とスムースインでして、いまひとつでした。
讃岐うどんをすするようにツルツルって入ってしまって。
どうやら初心者用じゃ駄目みたい。
バイブ機能も、ただブルブルしているだけでなんかいまひとつ。
やっぱ安すぎたのだろうか?

思いっきりホモボモしい幕開けでございます。

プロフィール

(yore)2BOW

Author:(yore)2BOW
桜田淳子「20歳になれば」の替え歌で

まってください 44歳になるまで
まだ言わないで さよならだけは
まってください 読者の興味
はなれたことは わかってるけど

更新するわ なるべくするわ
43歳のうちに 43歳のうちに

44歳になれば 体重減らす
ユニクロで服が買えるぐらいに
44歳になれば 彼氏をつくる
無理じゃないよね?多分多分w

ラララララララ・・・

FC2カウンター

ブログ内検索

Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。